自分への挑戦!(17)~武井壮の名言

August 19, 2016

 

名東区 高針台中学校、牧の池中学校、神丘中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

 

よく「どうやって勉強すればいいのですか?」

と聞かれます。

私も色々な勉強法を勉強しましたし、自分なりの勉強法を模索し、それなりのものを見つけたりもしました。

ですが、結論としては

「正しい唯一の勉強法を探さない」

ということでした。

勉強を進める時に「どうやったらいいのか?」という問いは、

1+1=? という問いかけとは本質的に違います。

◯+△x▲-◎=2のような、たくさんの変数がある方程式を解くようなものなのです。

つまり、自分に合った方法、そこに辿り着くための道はたくさんあり、

どれが正解とも限らないのです。

一人一人、違ったものになるでしょう。

◯を最小にするような、とか▲を5にするような、という方法で少し方法を限定することはできますが、それが本当にその人にとって長期的に「良い」のかは誰にもわかりません。

私ができることは、そういった様々な方法の個人的感想を教えることです。

良い部分は何で、悪い部分はなにで。

でも、その悪い部分もその人にとっては、良い部分となる場合があることも知っています。

ですから、まずはどこかに何かを代入してみる。

そうすると他の変数をどうしていいのかが見えやすくなる。

ちょっと例えが難しいですね(*´∀`*)

まず、なにか試してみよう。

そしてこの方法がだめだったらこれを試してみよう、

と少し柔軟に考えるくらいのほうが、早く答え(=自分にとっての最善の勉強法)に辿り着くことができるのです。

とりあえず、トライしてみること、です。

とりあえず「挑戦」してみることなんです。

それには、まず「挑戦」してみたくなることです。

そこに私の役割があると思っています。

 

 

 

不可能を可能にし、

可能を楽勝にする

          by 武井壮


この言葉、深いですね。

「不可能」を「可能」にするだけでなく

「可能」なものを「楽勝」の域へ。

そうですよね。

勉強でも「可能」は「わかる」の域。

それをさらに「楽勝でできる」の域へと。

Please reload

最新のお知らせ

August 9, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

詳しくは  052-704-5024 まで