内申点を徹底攻略!(6)-「関心・意欲・態度」とは?

May 5, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

 

観点別評価とは、教科毎に設定された評価ポイントのことは前回まででお話しました。

 「この教科はこの観点から生徒を見て評価しますよ」という目安になります。

この観点は、学校側で独自に設定できるとされています。

ですが、高校受験の際の評価基準にも使われるため、文部科学省より「地域ごとに一定の統一性を保つように努めなさい」とされており、地域間では大きく違いはないように作られているはずなのです。

 

これら観点は大きくわけて、

「関心・意欲・態度」

「技能」

「知識・理解」

「思考・判断・表現」

などの4つから分類されることが多く、これらをそれぞれA~Cの3段階で評価しています。

今回は、その中の「関心・意欲・態度」についてご紹介します。

これは読んで字の如く、その教科に対して

「関心を持って取り組めているか」

「意欲的であるか」などの「やる気」の部分を評価する観点です。

その教科に対する「やる気」の部分、具体的にはどのようにすれば「やる気」があると判断されるのでしょうか?

A~Cの基準内で「おおむね満足できると判断されるもの」とされるBの評価がつく場合の具体例な評価基準の例をご紹介します。

・話題に関心を持ち、意欲的に授業や家庭学習に取り組むことができた。

・意欲的に授業に取り組み、また、自宅でも努力し、学習することができた。

・授業に真面目に取り組み、時間を有効に使って作品作りに取り組んでいる。

・忘れ物や見学をせず、意欲的に授業に取り組むことが出来た。

ここでは、授業に関心をもっているか、意欲的であるかが評価の大半を締めていますね。

つまり、授業へ積極的に参加し自宅での家庭学習を行い真面目に取り組んでいる」と判断されれば良い評価をもらうことができるはではずです。

では先生は生徒のどのようなところをみて、「関心・意欲・態度」が十分にあると判断しているのでしょうか?

(つづく)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この度、ノビーでは朝日新聞×Benesseの「語彙・読解力検定」の認定準会場とさせていただきました。すべての教科学力の土台となる語彙・読解力は問題文を正しく読む力、情報を整理して解答を導き出す力となります。語彙力を補うことは、スムーズな内容理解と表現力に繋がるので、今後の大学入試改革の中身から考えても、今後大きく役立つスキルでしょう。ノビーでは、認定準会場となったことで、検定の申し込みから実際のテスト実施も当塾内で対応できるようになりました。興味のある方は、一度ご連絡くださいませ。
http://www.nobbystudy.com/#!blank-2/c8mas​​

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ノビースタディールームではノビトレをたくさんの方に知っていただきたく、「ノビトレ/サンデー・チャレンジ」を毎週日曜日に「無料」で開放することにしています。参加者には得点に応じてランキング化して表彰いたします。毎週日曜日の午前10時からおこないますので、こぞってご参加ください。当塾の塾生かどうかは全く関係ありません。他の塾生も大歓迎です。何回参加しても無料です。このイベントは当塾への勧誘イベントではありませんのでご安心くださいね。ノビトレを一度体験してみてください、ゲーム感覚で勉強できて面白いですよ。お問い合わせはTEL052-704-5024、もしくはサイトのお問い合わせメールでもお待ちしています。
http://www.nobbystudy.com/#!blank/voudg

Please reload

最新のお知らせ

August 9, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags