高針台中学校、牧の池中学校区の専門対策を行っている学習塾です。名東区、新宿、牧の里、高針、梅森坂、高針台、松井、大針、極楽などにお住まいの高針台中・牧の池中のお子さんに多く通っていただいております /個別指導学習塾 ノビースタディールーム

ノビスタブログ

最新のお知らせ

August 12, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です。

夏期講習で忙しく、ブログの更新ができてませんでした。。。

(前回からのつづき)

なりたい成績の自分と今の自分の成績ギャップに悩んでいる生徒は多いかもしれません。

「自分の成績を変えたい」と思っている子供がまず身につけるべきこと。

それは、私は「考え方」だと思っています。

「どんな成績の自分に変わりたいか」

その時の自分をイメージしてもらいます。

イメージが湧いたら、曖昧でも行動に移してもらいます。

例えば、行き先が決まらなくても、旅には出られます。

「西の...

August 3, 2016

名東区の学習塾 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区のnobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

「勉強の出来ない自分「と「勉強のできる自分」。

「どちらが良いか?」と尋ねられたら、たいていの子供は後者を選ぶでしょう。

「そう変わりたいのか?」と尋ねられても、たいていの子供は「できれば」と答えるでしょう。

ここから先が問題だと思います。

「そんなの無理に決まっている」という自分の心の中の悪魔に打ち勝って「なったときのイメージ」を思い浮かべます。

どんな風に変わりたいかイメージが湧いたら、曖昧でもまずは「行動」に移してみることが大切...

July 31, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

新しい物事へ挑戦することに臆病な人は、

無意識のうちに自分自身に高いハードルを課してしまっている傾向にあると思います。

でも、「完璧でなくてもいい」「失敗してもいい」という考え方を意識して、

「挑戦することが経験値になる」と考えれば、

世界はもっと大きな広がりを見せていくことではないでしょうか。
「100点を目指す」のではなく、

「今の自分より一歩進む」ことを意識して、

新たな自分への挑戦を始めてみる。

私は勉強を通じて、子供達にそれ...

July 28, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

選択肢に悩んだら「とりあえずどれかを選ぶ」習慣を付けてみましょう。

新しい物事へ挑戦ができない子供に共通して見られる傾向が日頃から「選択ができない」というもの。
「A、B、C、どれが一番良いのか、どれが一番自分に合っていて、リスクが少ないのか…」と考えているうちに、選択に迷いすぎて、選択するチャンスを失ってしまうのです。
悩みだしてしまうと「もっと良い選択肢があるのでは?」という気分になってしまうケースも多いはず。
「良い...

July 24, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

運命というのは努力した人に

偶然という橋を架けてくれる。

  byきゃりーぱみゅぱみゅ

これも若いアイドルなのに深い言葉を言ってますね(*´∀`*)。

「失敗」は「次の挑戦への糧」となると考えてみてはどうでしょう。

人は誰しも「できたら失敗をしたくないな」と考えるもの。

ただ新しいことに挑戦をしたとき、一度も失敗をしないという人はいません。
新しい髪型、今まで着たことが無い服、行ったことが無い店などに挑戦するときでも

「ちょっと失敗だ...

July 22, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

まずは「挑戦できただけ」でも「合格」と考えよう

新しい自分へとステップ・アップするために「勉学」に挑戦することを考えてみましょう。
今まで自分に挑戦したことの無い人は、多くの場合以下の様な「条件」を自分に課してしまいがちです。

ググッと成績が伸びなくてはならない

「少なくとも1週間以上」でないと勉強計画とは言えない
クラスの何番以内でないといけない
お気に入りの服を着て行きたい
確実に成績の上がる計画を立てなくてはいけない
自...

July 19, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

これを読んでくださっているのは、お母さま方が多いと思います。
そんなあなたにとって、一番の問題は、
「どうして、旦那は、私の気持ちがわからないのか。」
「どうして、うちの子はダラダラして勉強しないのか。」
一番身近な人に、一番イライラさせられる。
つらいです。
でも、イライラしても、道はせばまるばかり。
言葉だけでも、
「逆に楽しい」とか言ってると脳がだまされて、事態を改善するいいアイデアが浮かぶかも。
正直、相手に成長...

July 17, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

最後にちょっと気をつけたいのは、二つ目の自責のところです。
人は成長するにしたがって他責から、自責へと転換していきます。
でも、大人だって、すべてを自分で引き受けること、できはしません。
それを子供に求めるのは、難しいですね。
(人に求めるとイライラするので、許すことを意識的に心がけないと、つらなくなりますね。)

でも、やっぱりここでも、志だったり、かなえたい目標があれば、自然と、他責から自責へと変わっていきます。
だって...

July 15, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

最後に、体力。
誰しも、体を鍛えるのは、面倒ですよね。
でも、定期的に運動を行うことは、成長の必須条件です。
そもそも運動とは、日常の肉体のレベルを超えることです。
ランニングでも、筋トレでも、日常のレベルを超えるもの。
運動は日常の動きより、速度が上がり、心拍数も上がります。
この結果、肉体を構成する細胞レベルでの「振動数」が早まります。
これが、その人の思考力、判断力を早めることにもつながります。
肉体の速度変化が、...

July 12, 2016

名東区 神丘中学校、高針台中学校、牧の池中学校地区の個別指導塾、nobby(ノビー)の高橋です

(前回からのつづき)

最後に、体力。
誰しも、体を鍛えるのは、面倒ですよね。
でも、定期的に運動を行うことは、成長の必須条件です。
(週2回ほど。1回、40分程度でOK。)
そもそも運動とは、通常の肉体のレベルを超えることです。
ランニングでも、筋トレでも、日常のレベルを超えるものです。
運動は日常の動きより、速度が上がり、心拍数も上がります。
この結果、肉体を構成する細胞の素粒子レベルでの「振動数」が早まります。
これが、その人の思考力、判...

Please reload

Please reload

August 9, 2019

Please reload

詳しくは  052-704-5024 まで