『体系数学』対策 

体系数学』は、私立中高一貫校の中でも、特に上位校で多く使用されている教材です。

1~6まであり、主に1~3が中学校で使用されています。

また、先取りで学習を進めていくので、授業進度はかなり早いです。

そういう中学生の『体系数学1~3』の主な特徴は以下の通りです。

 公立中学校の教科書に比べ、量が多い 

 高校数学ⅠAまでの先取りでカリキュラムが進む 

 中学の学習指導要綱の範囲外の高校数学問題も多く含まれている 

普通の教科書との違いを比べるために、中1~中3を例に体系数学の範囲や進度と比べてみます。

体系数学1 代数編(主に中学1年向け)

- 四則計算、文字式(中1、2)、1次方程式(中1、2)、1次不等式(高校数Ⅰ)、1次関数(中1、2)、資料の整理と活用(中1)

体系数学1 幾何編(主に中学1年向け)

- 平面図形(中1)、空間図形(中1)、図形と合同(中2)、三角形と四角形(中2、高校数A)を扱う

体系数学2 代数編(主に中学2年向け)

- 展開,因数分解(中3,高校数Ⅰ)、平方根(中3,高校数Ⅰ)、2次方程式(中3、高校数Ⅰ)、2次関数(中3)、確率(中3、高校数A)を扱う

体系数学2 幾何編(主に中学2年向け)

- 図形と相似(中3、高校数A)、線分の比と計量(高校数A)、円(中3、高校数A)、三平方の定理(中3)を扱う

体系数学3 数式・関数編(主に中学3年~高校1年向け)

- 新学習指導要領では数学I・数学IIに分かれてしまっている「複素数と方程式」「二次関数とグラフ」を関連づけて扱う。新学習指導要領における数学Iの「三角比」と数学IIの「図形と式」「三角関数」も扱う

体系数学3 論理・確率編(主に中学3年~高校1年向け)

- 新学習指導要領で数学I・数学Aに分かれてしまっている「集合と論理」「確率」および、新たに加わった「データの分析」「整数の性質」を扱う

中2以降、高校数学範囲の単元も数多く出ています。体系数学は名前通り「同じ分野を連続して学習する」体系化されたカリキュラムが特徴です。

例えば、中学1年生では「1次方程式」を学習したあと「連立方程式」を続けて学習します。

しかし、普通の教科書では「連立方程式」は中学2年生の範囲なのです。さらには「連立方程式」の後には高校数Ⅰ範囲の「不等式」へと入っていきます。

中1で、中2(時には高校数学の入門)の内容までもをこなす、先取りカリキュラムとなっています。当然、生徒の負担は大きくなります。

実は『体系数学』採用校のお子さんに多い悩みとして

 量が多すぎて、こなしきれない 

 中学学習指導要綱以外の難しい問題が多い 

 難易度が高いため、親が教えられない 

 普通の教科書とカリキュラムが異なるので、集団塾では対応できない 

こうした悩みは『体系数学』採用校の私立中生徒から多く聞きます。

さらに、『体系数学』採用校の授業は以下の2パターンに分けることができます。

(1)進度がかなり速いパターン

(2)解説は丁寧だが、演習がほとんどないパターン

それぞれ、授業の特徴についてお伝えします。

(1)進度がかなり速いパターン

これだけのボリュームの内容を年間授業時間数で終わらせるとなると、どうしても授業進度は速くなります。細かく解説していたら全部終わりません。ですので、先生の解説はかなり簡素となってしまいます。分からなくても授業がどんどん進んでしまうため、理解不足の単元がどんどんたまってしまう傾向にあります。理解不足のもの、解説が飛ばされた問題はずっとそのままになってしまいますが、学校では躓き箇所から引き返すタイミングはありません。『理解不足』のままであることが問題原因です。

(2)解説は丁寧だが、演習がほとんどないパターン

これは、先のパターンとは逆の方針の学校です。授業で例に挙げた問題は丁寧に説明してくれます。ただし、一方で教科書内で解説のない問題が出てきてしまうこと、演習の時間が無くなってしまうことが問題です。授業でやれなかった演習問題はたいてい「残りは全部宿題」となります。宿題は「毎回提出」や「テスト前にまとめて提出」など、学校によってさまざまですが、「提出前に焦ってやる」、「間に合わないから答えを写す」というお子さんが多いです。つまり『提出すること』が目的となっていて、一度解いて終わりとして定着できていないお子さんが多いといえるでしょう。『定着不足』のままであることが問題原因です。

こうした悩みには、いずれのパターンにも共通する対策として「理解」と「定着」をしっかりさせることです。『体系数学』に載っている問題、準拠問題集や完成ノートに載っている問題を、一度解いただけにしないことです。わからなかった問題は理解できるようになる、できなかった問題はできるまでやり直しする、その時できても「理解してから定期的に繰り返し解く」という習慣が必要なのです。そこで当塾ではノビトレ(コンピュータ・プリント学習)でも特別に『体系数学コース』をプログラムし、教科書・準拠問題集などの問題の解説だけに留まらず、ノビトレプリントで類題チャレンジしてもいます。

​さらに当塾は個別指導塾なので、生徒の中学や上記のどのパターンかによってそれら「体系数学コース」の中においても個別カリキュラムのアレンジは可能なのです。

『体系数学』の対策でお困りの方には、学習相談やお電話でのお問い合わせを受け付けております。

 

ノビースタディールーム

052-704-5024

こなしてもらう「体系数学」向けハイレベル問題集としては「代数Ⅰ」「代数Ⅱ」「幾何Ⅰ」「幾何Ⅱ」とあります。

詳しくは  052-704-5024 まで