ニュートレジャー対策 

『NEW TREASURE』(『ニュートレジャー』)は、中高一貫校用の難度の高い、文科省認定外の英語教科書です。
実践的な英語力を養うのはもちろん、何よりも大学入試に対応できる英語力にも焦点を当てて、編纂されています。

英文の絶対量、単語数は検定教科書よりも多く(中3までで約3000語。公立で採用されている中学検定教科書は約1200語。)、文法解説も非常に詳しく掲載されている教科書です。
この教科書を100%理解できれば、最難関大学に合格できる英語力を養えます。

ですが、実際には、これを100%使いこなせているお子さんは、ほとんどいないのが実態なのです。 難易度が非常に高いため、以下のような状況に陥っているケースが多いのです。

『ニュートレジャー』対策でお困りのご家庭では、和訳や解説をお探しになられたのではないでしょうか?

「和訳が載っているガイド教材はないか?」
「ニュートレジャーを解説してくれる塾はないか?」

『ニュートレジャー』は、膨大な単語数・文章量ですので、『ニュートレジャー』の学習といえば、予習の段階で単語の意味調べに多くの時間がとられてることが多いです。これでは他の科目の予習復習の時間も割かれるので、和訳や解説を探すことも納得です。

が、残念ながら『ニュートレジャー』には、教科書ガイドのような教材や参考書はありません。また、『ニュートレジャー』は私立中高専用の教材なので、一般書店・塾・予備校でも入手不可能なのです。そのため、十分な対策ができるところはほとんどないのです。

さらに、もう1つ注意して頂きたいことがあります。
単語の意味調べに追われている方は、特に注意してください。

実は、『ニュートレジャー』は、「単語の意味を調べれば、全部理解できる」というほど、簡単に攻略できるものではないのです。

どういうことかお話ししましょう。
単語の意味を調べるばかりの学習だと、次のようなパターンに陥ってしまいがちです。

実は『ニュートレジャー』を使っているお子さんに傾向として、

文法・構文の演習が十分にできていないケースが多くあります。

単語の意味が全部わかっても、文法・構文の演習量が少ないと、自力で訳す力が身につきません。自力で訳す力がないと、単語の意味からだけで内容を類推するクセがつき、文全体の意味を正確に把握できないため、読解問題が解けなくなってしまいます。

授業で解説された和訳をテスト直前に丸暗記したとしても、テストで応用問題が出た場合、全然解けなくなってしまいます。

「成績を上げたい」「無事に進級・進学させたい」「希望の大学に行きたい」という方は、自力で読解できる力をつけることは必須です。

子供たちの中にも「もっと時間をかけて演習しなければならない」と理解している子もいます。ですが「単語調べに時間がかかる」「進むスピードが公立中よりも早い」「他の科目の予習・復習もあるから英語だけに時間をかけられない」「部活で疲れて眠たい」などの理由から、演習不足となっている子が多いのが実態です。

ノビーでは『ニュートレジャー』準拠のオリジナルテキストにて勉強を進めてもらっています。内容は「教科書英文の品詞構造解析」を中心に全文の品詞をカラー分けした上で「全文和訳」をつけています。このテキストを授業として使い、学校授業前に「文法・構文」「単語」「和訳」を理解してもらい、類題演習してもらっています。

『ニュートレジャー』の対策と言っても、お子さんの学習状況、学校のカリキュラムによって、細かく変化します。
ここでご紹介したのは、あくまで教科書の内容に則った対策です。より成果を上げたい場合には、学校のカリキュラムや、先生の教え方などによって対策に変化をつけることが大切です。
当塾では、個別指導塾なので、その点でのカリキュラムのアレンジは可能なのです。

『ニュートレジャー』の対策でお困りの方には、学習相談やお電話でのお問い合わせを受け付けております。

 

ノビースタディールーム

052-704-5024

詳しくは  052-704-5024 まで